ブックメーカーとは何か?

「ブックメーカー」という言葉は最近よく聞くようになりましたが、
実際のところ、どんなものかを詳しく知っている人は少ないんじゃないでしょうか?

今回は、ブックメーカーとは何かを詳しく解説していきたいと思います。

ブックメーカーとは何?

ブックメーカーは、イギリスを発祥とした「賭けの胴元」ということになります。

ブックメーカーは賭けの対象にオッズを付け、
賭けに参加する人は結果を予想をしてお金をかけます。

予想が的中した人はオッズに応じた賞金を受け取るという、いたってシンプルな物です。

主にスポーツの試合を賭けの対象としています。
(スポーツ以外にも様々な賭けの対象があります。)

「賭けの胴元」と聞くと、何やら怪しい香りが漂ってきますが、
ご心配なく!
きちんと政府公認を受けているんです。

日本で言うところの、JRAや、totoなんかを思い浮かべてもらえればいいかと思います。

ブックメーカーも星の数ほどあり、
公認を受けている国や種類によってランクがあります。

中には、上場している会社もあるほど。

ブックメーカーは全世界に浸透しているんですが、
その中で、日本だけは「ブックメーカー鎖国」状態でした。

日本の公営ギャンブルとの違いは?

政府公認を受けているブックメーカーですが、
日本の公営ギャンブルとはどこが違うんでしょうか。

大きくは2つの違いがあります。

違い① 運営母体が違う

日本の公営ギャンブルはすべて「国が運営」しています。

それに対して、ブックメーカーは会社です。

国が運営しているので、日本の公営ギャンブルはつぶれることはありませんが、

ブックメーカーは会社が経営しているので、つぶれてしまうリスクがあります。

違い② オッズの決め方が違う

日本の公営ギャンブルのほとんどは「パリミュチュエル方式」と呼ばれる方法で配当が決まっています。
この方法の名前は覚えなくて問題ありません。

この方法は、投票された金額から、
胴元の取り分を引いた金額を、
当選した人たちだけで分配する方式です。

なので、結果が起こるであろう確率というよりも、
「人気投票」ってことになります。

そして、オッズは賭けたときのオッズではなく、
締め切り後に確定するのが最大の特徴です。

例えば競馬
買う時に、単勝3倍の馬に賭けて出走を待つ。
そうすると締め切りのチャイムが鳴って、いざ出走!ってタイミングで、
オッズを見てみたら、単勝が2倍に・・・なんてこともざらにあります。

対して、ブックメーカーのオッズの決め方は、
その名も「ブックメーカー方式」と呼ばれています。

大きく違うところは、賭けたタイミングのオッズが対象になることです。

日本では、賭けたタイミングがいつであっても、
賭けの締め切り後の確定するオッズ分しか配当がもらえませんが、
ブックメーカー方式だと、そのタイミングでの配当になります。

ですので、ブックメーカー式では、賭けの締め切りがありません。

競馬の例でいくと、
単勝3倍の時にベット(賭け)すると、その人は3倍の配当をもらうことができます。
締め切りはありませんから、出走後に賭けることもできますし、
第4コーナーを回ったところで賭けることも可能です。

常に変化する状況を見ながら、
最適な賭けのタイミングで賭けを楽しむことができるのが「ブックメーカー方式」ということになります。

ブックメーカーの賭けの対象は?

ブックメーカーでの賭けの対象は、ありとあらゆるものが対象になります。

代表的なのはスポーツベットと呼ばれる、スポーツを対象にした賭け。
サッカー、テニス、野球、アメフト、ゴルフ、競馬などなど
あらゆるスポーツが賭けの対象となります。

世界各国ですから、
日本のプロ野球も賭けることができます。

最近ではe-sportsも賭けることができますし、
チェスの世界大会も。

ただ単純にどっちが勝つか?の賭けだけではなく、
サッカーなんかは、1試合に何十通りもの賭け方ができます。

  • 両チーム合計で何ゴールになるか?
  • 両チーム合わせて何本のコーナーキックをけるか?
  • 次のゴールはどちらのチームが決めるか?
  • などなど

それ以外にも、政治や天候なども賭けの対象になっています。

まとめ

ブックメーカーは、いわゆるギャンブルに該当しますが、
ヨーロッパでは、大人の楽しみとして、
深く文化に根付いています。

日本でもIR法案などで、
カジノ建設が現実味を帯びて来ています。

ブックメーカーもスポーツ観戦の一つの楽しみ方として、
また、お金儲けの一つとして楽しんでもらえたらと思います。