ブックメーカーは違法?合法?

ブックメーカーは賭けの胴元ですが、
そんなものに参加してしまったら、賭博にあたるのでは?と心配される方もるかもしれません。

ここでは、ブックメーカーの合法性、違法性について詳しく解説していきたいと思います。

ブックメーカーは厳しい法規制がある

ブックメーカーに限らず、オンラインで提供する賭博については、とても厳しい法整備がされています。

賭博をする業者は、必ずライセンスをとって運営しないといけません。

現在、公認(ライセンス発行)をしている国は

【ヨーロッパ系】

  • アイスランド
  • イギリス
  • オルダニー島
  • キュラソー島
  • ジブラルタル
  • マン島
  • マルタ共和国

【中南米・カリブ】

  • アンティグア
  • コスタリカ
  • ドミニカ
  • パナマ
  • ぺリーズ

【その他】

  • オーストラリア北方領
  • カナダ モホーク政府
  • カナワケ
  • フィリピン

と数多く存在していますが、全てが安心という訳ではありません。

国や地域によって、ランクのようなものがあり、発展途上な国や地域については審査が甘いところもあります。

実績と信頼があるのは、やはり、ヨーロッパ系のライセンスということになります。

ライセンスを取るためには

ライセンスを取るためには厳しい審査をパスしないといけません。

例えば

  • 10億円以上の資産があること
  • 毎月1回賞金の払い出し率を公表すること
  • 会計監査を毎月受けること
  • などなど

また、利用者保護のための法律もしっかりと整備されています。

  • 退会希望のプレーヤーを引き留めてはいけない
  • 18歳以下はプレーヤー登録をさせてはいけない
  • ギャンブル依存症と診断された人に賭け行為をさせてはいけない
  • などなど

通常の企業でこれだけのことができる企業は、日本の上場企業でもごく一部だけというほどの厳しさですね。

ちなみに、ブックメーカーによって、1日や1週間である程度の時間ログインしていると「やりすぎじゃありませんか?」とメッセージが出てくるようになります。

これもギャンブル依存にならないための方策なんですね。

なぜ海外では賭博が合法なのか?

ギャンブルというと、良くない人たちの資金源になってしまうのでは?風紀風俗が乱れるのでは?ということで、ギャンブルを禁止している国も多いのも事実です。

しかしながら、禁止することによって、良くない人たちが裏で賭博を開き、ギャンブルをしたい人たちから金を巻き上げ、資金源にされてしまうのでは?とも考えられます。

そこで、ギャンブルを合法化し、国が厳しい目でチェックをしてパスした業者だけにライセンスを発行することで、ギャンブル好きも隠れてギャンブルしないで済む環境を作り、政府公認ではない、闇ギャンブルにはまる人を少なくすることで、良くない人たちへの資金流入を防ぐことができます

そして、ライセンスを発行する国も業者から高いライセンス料をとることができる。

まさに一石三鳥!?の制度になっているんです。

この一石三鳥の制度で良くない人たちを駆逐したのが、ブックメーカー発祥のイギリスなんです。

日本でブックメーカーをやるのは違法?合法?

海外のブックメーカーは、その国の法律に乗っ取り、健全に運営をされていますが、そのブックメーカーを日本でやることは違法になるのでしょうか?

日本には賭博を禁止する法律が明確にありますが、それには引っかからないのでしょうか?

答えは・・・「ほとんど白といってもいいくらいのグレー」

日本にはオンラインカジノやブックメーカーに参加することについての法律がないので、「合法ではない」ということになりますが、

逆に、海外の賭博を取り締まる法律は存在しないので、「違法にもならない」ということにもなり、逮捕・立件することはできません。

「マカオに行って、カジノで遊んできた!」
これは捕まらないですよね。

これと同じで、「海外のカジノ(ブックメーカー)で遊んでいる。 でも、オンラインだけどね。」

となれば、自分がどこにいるかが問題ではなく、「マカオでカジノ」と同じということになります。

実際に日本でプレーヤーが逮捕された事件がありました。
しかしながら、「不起訴」処分になり、 今まで判例すらなかったオンラインカジノのプレイについて曖昧さをなくす良い判例だったと思います。

まとめ

日本において、ブックメーカーをやることは、現行法において取り締まる法律がないことから、合法でも違法でもないということになります。

しかしながら、海外においては、しっかりとしたライセンス制度があり、厳しくチェックをされながら、法律に乗っ取り運営されている。

安心してブックメーカーを楽しめる環境にあることがよくわかる。