【初級編】ブックメーカーでのテニスの賭け方・コツ/やり方から攻略法まで

スポーツベットの中ではサッカーの次に人気のあるテニス。

人気の秘訣は、1年を通じて試合数が多く、また、シーズンオフが短いため、一年中楽しめることにあると思います。

ここでは、ブックメーカーを始めるにあたっての基礎知識から賭け方のコツなどを自分の体験を通じた解説をしていきたいと思います。

ブックメーカーでのテニス基礎知識

テニス自体はブックメーカーを始める前から、観戦はしていましたが、4大大会などのメジャーな大会などに限られていました。

それでも基本的なことは知っていたので、ブックメーカーを始めてもそれほど戸惑いはありませんでしたが、基本を知っているか知らないかで、当然ブックメーカーの勝率も変わってきますので、基本的なところから解説していきたいと思います。

テニスの試合の進め方

まずは、テニスの試合の進め方です。

1試合は、ほとんどが3セットマッチで、先に2セット獲った方が勝ちとなります。
(4大大会の男子シングルスとウィンブルドンの男子ダブルスでは5セットマッチで3セット先取した方が勝者になります。)

1セットを獲るには6ゲーム先取しないといけません。

1ゲームは4ポイントを先取してゲームを獲ることが出来ます。

1ポイント1ポイントの呼び方が独特で、
最初の1ポイントは「15(フィフティーン)」
次のポイントは「30(サーティ)」
そして3ポイント目は「40(フォーティ)」
となります。

1ゲーム内で、「40-40」になると、デュースになり、先に2ポイント先取した選手がゲームを獲ります。
「40ー40」の次のポイントを獲ると、「AD(アドバンテージ)」となります。
麻雀なら「リーチ!」、UNOなら「UNO!」ってところでしょうか。

ゲームを取り合って、先に6ゲーム獲るとそのセットを取れるのですが、そのセットが「5-5」になると、2ゲーム連続で獲らないとそのセットは獲れません。
「6-5」ではまだ決着がつかないことになります。

「7-5」ではじめてセットを獲ることができます。

「6-6」になってしまった時は、最後のゲームとして、「タイブレーク」と呼ばれる特別ゲームになります。

「タイブレーク」は15とか、30とかの呼び方はなくなり、純粋に1ポイントずつ加算されます。
タイブレークでは先に「7ポイント」獲ったほうがそのゲームの勝者、すなわち、そのセットを獲ることになります。
ここでも、6-6になった時は先に2ポイント先取しないといけません。

サーブ権は1ゲームごとに交代になります。
タイブレークの場合も1ゲームと数えて交代していきます。

そして、タイブレイク時のサーブ権は、始めの1ポイントのあと、サーブ権は代わって、2ポイントごとにサーブ権を交代していきます。

ATPとWTAとITF

試合のタイトルを見ていると、「ATP」や「WTA」、「ITF」などが記載されていますが、これは何じゃらほいって感じになってしまいます。

簡単に説明すると、
ATPは男子プロテニス協会(正式名称は違います)
WTAは女子プロテニス協会(正式名称は違います)
ITFは国際テニス連盟です。

ITFはプロテニスに限らず、全てのテニス競技について国際的な普及を目指しています。
通常のプロテニスだけではなく、アマチュアテニスや車いすテニスなんかもこのITFの下普及していくことになっています。

グランドスラムと呼ばれる世界4大大会や国別対抗戦のデビスカップなどはITFが開催している大会となります。

ATPやWTAは、トッププロなどがしのぎを削る大会を開催していますが、そこに参加できない、世界ランクが下位の選手などは、ITFが主催するサーキットに参加しています。

その成績などでポイントが加算され、世界ランキングとなります。

もっと簡単に言うと、ATPは男子トッププロの試合。WTAは女子トッププロの試合。ITFの試合は比較的世界ランク下位の選手が上にのし上がるための試合だと思っていればいいと思います。

ITFのサーキットは、賞金が高い程、世界ランキングのポイントを多く獲れることになります。
M25は男子(M)で優勝賞金25,000ドルの大会
M15は男子(M)で優勝賞金15,000ドルの大会
女子の試合は、W25やW15と表記されることが多いです。
ということは、数字が大きいほうが、より上位ランクの選手が参加する試合となります。

サーブ権があるほうが有利?!

テニスの試合において、サーブ権を持っていることは非常に有利に働きます。

トッププロの試合となれば、サーブ権のあるゲームは獲るのが当たり前で、相手のサーブ権のあるときにどうやってゲームを獲るかが勝利のカギを握っています。

また、テニスにおいての格言で、「自分のサーブ権のある時にちゃんとポイントがとれれば負けることはない。」というものがあるほど、サーブ権は重要なものになります。

ビックサーバーと呼ばれる、強烈で早いサーブで攻める選手もいれば、強烈なスピンサーブを武器に戦う選手もいますし、相手の苦手なコースへ狙いをすましてサーブを打つこともできます。

逆に、サーブ権がない側(レシーブ)はどうやって相手のサーブ権があるゲームを獲る(ブレイクする)ことができるかを考えてプレーします。

ネットに近い位置でレシーブすることで、相手のサーブが打ち終わって体制を整えていない内に球を打ち返すことを考える選手もいれば、逆にネットからできるだけ遠くに構えて、打つまでの時間稼ぎをして、しっかりとボールをたたく戦法をとる選手もいます。

ネットに近づけば近づく程、リターンの威力は増しますが、速さに反応するのが難しくなります。
逆にネットから遠ざかれば、それだけ角度がつけやすくなってしまうため、広い範囲をカバーしなくてはいけなくなるデメリットもあります。

そういったサーブ時の駆け引きが、テニスの醍醐味でもあるわけです。

サーブは2回まで打つことができる

1回目のサーブはファーストサーブと呼ばれていて、どの選手も渾身の力を込めて打つサーブになります。

もし、ファーストサーブを失敗(「フォルト」とよびます)しても、2回目のセカンドサーブがあります。

2回目のサービスを失敗するとダブルフォルトとなり、相手のポイントになってしまうので、ファーストサービスとは違い、スピードは押さえて入れていくサーブになります。

セカンドサーブの時はサーブ権のない選手(レシーブ側)もポイントが獲りやすくなります。

また、サーブはネットに当ててはいけません。
サーブが決まっても、ネットに当たっていた場合は「レット」と呼ばれ、再度打ち直しになります。

ネットに当たって、バウンドさせなくてはいけない場所に落ちた場合は、通常のフォルトになります。

ダブルスはデュースがない?!

テニスの試合の進め方で「デュース」について触れましたが、通常、1ゲーム内において、「40-40」になるとデュースとなり、そこから先は2ポイント連続で獲らないといけなくなりますが、ダブルスの試合においては、このデュースがありません。

純粋に4ポイント獲ればそのゲームの勝者となります。

このルールは知っていないと賭けをする上でとても不利になってしまいます。

当然、「ゲーム勝者」のオッズはそのことを盛り込んだオッズになっています。

ブックメーカーでのテニスの賭け方

初めに少しふれましたが、何はともあれテニスは試合数が多いこと多い事。
ほぼ1年中どこかで試合が行われています。

そして、1試合において賭け方の多いこと多い事。

ブックメーカーで資金を増やそうと思ったら、テニスのベットは避けては通れない種目となります。

ここでは数多いテニスの賭け方の中から、代表的な賭け方をいくつか紹介していきます。

【初級】初めは試合の勝敗やセットの勝敗を予想

比較的わかりやすい賭け方です。

単純にその試合(またはセット)についてどちらが勝つかを予想します。

試合の始まる前から賭けはできますが、試合の途中でも賭けをすることができます。
当然、試合の最中なので、優勢劣勢でオッズは逐一変化していきますが。

試合の勝者を予想する「Match Winner」もありますが、そのセットをどちらが獲るかという「Set Winner」という賭け方もあります。

「Set Winner」については、試合の途中で優勢な選手に賭けることで、倍率は低くても勝率を上げることが可能になります。

ただ、スポーツの世界は何が起こるかわかりません。

私は一度、「5-0」で勝っている選手が残り7ゲーム連続で獲られてセットを落としている試合を経験しています。(その時は女子のチャレンジャーでの試合でしたが)

スポーツに100%はないことを改めて実感しました。

【中級】セット内のゲームの数の予想(Total Games in Set)

これは、1セット内で両者のゲーム数の数を予想して賭けるものになります。

賭け方は、両者のゲーム数を足したものが何ゲームになるかをオーバーかアンダーで賭けるものになります。

セットスタート時のオッズ(試合が進むにつれてオッズは変更されていきます)

一番少ないゲーム数でセットが終わる場合は「6-0」でトータルが6ゲームとなります。(6.5~12.5のアンダーを賭けた人は勝利になります。)

一番多い場合は「7-6」でトータルが13ゲームになります。

その場合、オーバー12.5の場合のみ勝利となります。

単純に、力量が近い選手同士の試合では、混戦になりやすいので「オーバー6.5」で勝ちやすくなり、力量に差がある場合は一方的な試合になり、「アンダー12.5」が勝ちやすくなります。

また、オーバーアンダーではなく、何対何でどちらが勝つかを賭ける方法もあります。

簡単に予想がつくものであれば、オッズは低いですし、予想が難しい物であればオッズは高くなります。

ちなみに、12.5アンダーに賭ける場合、平均で1.1倍程度で、何対何でどちらかが勝つかを賭ける場合、一番低いオッズでも5.0倍程度になります。
(注)当然、試合が進むに連れて試合結果は読みやすくなるので、オッズも高くなったり低くなったりします。

【上級】ゲームの勝者を予想(00th Game Winner)

該当のゲームをどちらが獲るかを賭ける方法です。

テニスで大きく勝とうと考えるとこの賭け方に行きつくのではないでしょうか。

それほど魅力的な賭け方です。

テニスの試合の進め方でも解説しましたが、テニスの場合サーブ権を持っている方が有利になるため、そのゲームのサーブ権を持っている選手がキープするかブレイクされてしまうかを予想して賭けます。

サーブ権を持っている選手がそのゲームを獲るというオッズは大体1.2~1.3倍程度が平均となりますが、その選手が上位ランカーであれば1.08倍程度までオッズは下がります。

また、ゲームの途中でも賭けることができ、ゲーム内での優勢劣勢でオッズは変化していきます。

この賭け方の利点としては、回転が早いということです。
すぐに結果が出るので、効率よく資金を回転させることができます。

ブックメーカーでのテニス攻略法

ここまでテニスにおける基礎知識を身に付け、
賭け方がわかったところで、それをどのように攻略していくかを解説していきます。

オッズを意識する

ブックメーカーのつけるオッズは、ブックメーカーの持つ膨大なデータを基に、発生するであろう確率からつけられていますが、それと合わせて人気投票でもあるんです。

人気の高い選手には比較的低いオッズになり、あまり旨味がありませんし、あまりに高いオッズですと、夢はありますが、そもそも発生確率が低くなり勝つことができません。

1敗すると掛け金は「0(ゼロ)」になってしまうので、オッズの考え方としては、そのオッズで元を取るために何勝しないといけないかを考えることです。

例えば、1.30倍のオッズに賭けようとしたときに、元を取るためには、4勝しないと儲けがでません。

最低でも5戦して4勝できるかどうかが賭けるか賭けないかのラインになります。

ちなみに、1.02倍の固いオッズにかけた時は、50回勝っても、1回負ければ利益がなくなってしまいます。
勝率にして、98%以上ないと利益が出ません。

オッズを考えることは、ブックメーカーのテニスを攻略するための第一歩となります。

選手の情報を入手する

サッカーや野球、バスケットボール等と違い、テニスは個人競技のため、その選手の情報は非常に重要になります。

選手のランキングや年齢、最近の試合の成績、対戦相手との相性など。

毎日テニスの試合の情報をチェックしないといけないかというと、そんなことはありません。

とても簡単に選手の情報を入手できるサイトがあります。

tennis explorer.com(テニスエキスプローラ―)

このテニスエキスプローラ―を利用して、選手の情報を入手します。

利用方法は簡単で、まずはメールアドレスを登録します。

その後、右側のカラム内にある「PLAYERS PROFILE」に選手の名前を登録するとその選手の情報が中央に表示されます。

また、その下の「HEAD-TO-HEAD」に対戦する選手2名の名前を入力すると、2名同時に情報が確認できるのと合わせて、過去の二人の対戦成績なども確認できます。

テニスエキスプローラ―では、これから行われる試合についての情報も載せているので、そこから情報をとることもでき、ブックメーカーをする人であればほとんどの人が利用しているサイトになるので、必ずブックマークしておくようにしておいてください。

試合中のデータを確認する

選手のデータは試合前に確認しますが、それとは別に、今行われている試合の中でのデータも重要になります。

このデータを確認しないでベットすることは、ほぼ運を天に任せているのと同じことになってしまいます。

ブックメーカーによって、確認できるデータは違いますが、主なものを解説していきます。

選手の好不調をデータで確認していきましょう。

ファーストサーブでのポイント率

サーブ権を持っている側が有利なのは先ほど書きましたが、そのサーブ権を持っていて、ファーストサーブでポイントできている割合になります。
一流選手になると、このポイント率は80%を超えてきます。

ファーストサーブ成功率

そもそもファーストサーブが入らなければ意味がありません。
選手の好不調はファーストサーブが入るか入らないかに大きく左右されることになります。
ファーストサーブが高い確率で入っていると、好調だととれますし、成功率が悪いと、苦戦をするのが読み取れます。

セカンドサーブでのポイント率

ファーストサーブがフォルトになってしまった場合、2回目のサーブとなりますが、このセカンドサーブでどれだけポイントが獲れているかの割合です。

よくサーブに威力のある選手にありがちなのが、セカンドサーブになると途端に相手のポイントになってしまうというものです。

ファーストサーブがフォルトになってしまっても、セカンドサーブでしっかりポイントが取れているかどうかは、その選手がサーブ権のあるゲームをしっかりとキープ(獲る)ことができるかの大きな鍵を握っています。

私は、このセカンドサーブでのポイント率を重要視しています。

ブレイク率

相手のサーブ権のあるゲームでゲーム勝者になると、「相手サーブをブレイクする」と言います。

そのブレイクが成功した割合になります。

1回もブレイクに成功しなければ、0%ということになります。

これは割合(%)というよりも、何回ブレイクチャンスがあったのかが重要になります。

1/1(100%)だと、1回ブレイクはしているものの、ブレイクチャンスは1回しかなかったことになりますし、0/15(0%)だと、0%ですが、ブレイクチャンスは15回も訪れていることになり、かなり接戦であることが分かります。

また、反対側から見ると、たまたま1回ブレイクチャンスを与えてしまったが、サーブ権のあるゲームでは比較的安定してポイントが獲れていることになりますし、ブレイクはされていないものの、15回もブレイクチャンスを与えている程にサーブ権のあるゲームは安定していないと読み取ることができます。

また、1/1の場合はここぞ!のチャンスに強い選手かもしれませんし、0/15の場合は、勝負所で弱いのかもしれません。
これも、逆側から見ると、1/1でブレイクされてしまっていると、勝負所は弱いかも?セット終盤は崩れるかも?とか。
0/15でブレイクを阻止しているのあれば、ここ1本!で勝負強さを発揮しているのかもしれません。

動画で選手の調子を見極める

同じデータでも今度は選手の動きや表情などから読み取ることができる動画を活用した方法になります。

ブックメーカーをする上で、動画から受け取れる情報は非常に重要です。

2018年に大坂なおみ選手が優勝した全米オープンの決勝で、セリーナ・ウイリアムズが審判に暴言をはいたり、ラケットを叩きつけた映像は記憶に新しいと思いますが、テニスのような個人競技の場合、選手個人のメンタルも非常に勝敗に影響してきます。

このような情報は数字だけの羅列では見て取れないものになります。

試合が超時間になり、選手の疲労具合や、
思ったような試合運びができずイライラしていたり、
腕や足の疲労で動きに切れがなくなっているのも見て取れるかもしれません。

また、サーブのコースや、スピード、そのサーブに合わせて受ける側の待ち構える位置の変化なども確認することができます。

動画から受け取れる情報は非常に重要になります。

自分のルールを作り、しっかり守る

ブックメーカーでスポーツベットをすると非常に楽しいです。
しかし、楽しいからと言ってむやみやたらに色々な賭けに手を出してしまうと、資金をいたずらに減らしてしまうことになります。

ブックメーカーで資金を増やそうと思ったら、必ず自分なりのルールを決めて、そのルールに基づいて賭けをしていくことが必要になります。

自分ではすごく自信をもって賭けたオッズで負けると、頭が血が上り、無理な高いオッズに賭けて、負けが重なったり、負けた資金を取り返そうと、大きな金額を賭けてしまって取り返しがつかなくなったり。

ブックメーカーで失敗する人は大概この負の連鎖から資金を減らしてしまうことが多いことを考えると、このルール作りとそれを守ることが大変重要な要素になります。

スポーツブックで100%の勝率はありえません。
必ずどこかで負けが発生します。
その負けの確立を考え、オッズと相談をして賭けていくことが重要です。

まとめ

○テニスの基本的な試合の流れなどの基本情報を押さえてから賭けをするようにしたほうが勝率が高くなる。

○テニスは個人競技のため、個人の今までのデータとあわせて、当日の調子も重要。

○選手の当日の調子は動画でチェックすることも重要。

○ブックメーカーで資金を減らさないためには、資金管理、特に、ルール作りとそれを守ることが重要。