ブックメーカーの運営ライセンス制度とは?

ブックメーカーとして営業するには「運営ライセンス」が必要になります。

ライセンスは一か国だけで発行しているのではなく、
各国や各地域でそれぞれ発行しており、
発行条件や信頼性も様々。

ここでは、ライセンスについて詳しく解説していきたいと思います。

運営ライセンスの種類

大きくは3つのエリアに分かれています。

スタートはイギリスでしたが、その後、イギリスの成功をみて、特にビジネスでの税収が少ないカリブの小国などが参入してきた経緯があります。

主要な運営ライセンス

UKライセンス(イギリス)

http://www.gamblingcommission.gov.uk/Home.aspx

ライセンスの信頼性として最上位と言っていいほどに高いです。
審査も厳しく、財務状況などが良好で、かつ、事業者自体の広告手法などについても厳しく言及をするという事もあって、 株式上場を果たしている優良オンラインカジノが取得している事が多いライセンスです。

MGA/マルタゲーミングオーソリティ(マルタ)

http://www.mga.org.mt/

UKライセンスよりも税制上のメリットが高いことから、近年では多くのブックメーカーがマルタライセンスに切り替えをしています。
審査基準については、UKライセンスの審査基準を受け継いでおり、その点で現在のブックメーカー業界的にマルタライセンスが優良なライセンスとして認識をされています。

Gibraltar/ジブラルタル(ジブラルタル)

https://www.gibraltar.gov.gi/new/remote-gambling

ジブラルタルも優良なライセンスであると言われていますが、近年では日本に進出をしてくるブックメーカーとしては、あまり見る事がなくなりました。
しかし問題のない優良な運営ライセンスであることに間違いありません。
ジブラルタルライセンスを取得をしているブックメーカーの日本市場向けは、日本語サポートなどが単なる直訳であったりしており、日本人に人気のあるブックメーカーは、このライセンスを取得していることは殆どなくなりました。

Isle of Man(マン島)

https://www.gov.im/

信頼性の高い運営ライセンスと言われていますが、近年の日本市場に向けて展開をしているブックメーカーでは取得をしている業者をみかけなくなりました。

Alderney(オルダニー島)

https://www.gamblingcontrol.org/

オルダニーの運営ライセンスは、ブックメーカー運営企業向けというより、オンラインカジノゲームを開発をしているゲーミングプロバイダーが多く取得をしている印象が強いライセンスとなります。

KAHANAWAKE/カナワケ(カナダ)

http://www.gamingcommission.ca/

取得自体が困難というわけではなく「並」と言ったところのライセンスです。
サイト上では、あたかもスゴク良いライセンスのように書いてある事がありますが、決してそんな事はありません。
カナワケは「ポーカー不正疑惑」が以前に発覚し、ライセンスとしての信頼度はどうなんだ?という疑問が持たれ、ライセンスを取得する業者も少なくなりました。

PAGCOR/パグコー(フィリピン)

https://www.pagcor.ph/index.php

PAGCORライセンスは、フィリピンの大統領令によって設立された民間企業が管理発行をするライセンスです。

CURACAO EGAMING/キュラソー(オランダ)

https://www.curacao-egaming.com/

キュラソーライセンスも多く利用されている運営ライセンスの一つです。
比較的歴史が古いライセンスですが、基本的にはそこまで審査基準の厳しいライセンスではありません。
従って、キュラソーライセンスを取得をしているからと言って、しっかりとした業者かどうかということは言えない側面もあります。

運営ライセンスの信頼性

主要なライセンスを紹介していきましたが、

運営ライセンスの信頼性=ブックメーカーの信頼性

にはなりえないということを十分理解して選ぶ必要があります。

一般的には、イギリスやマルタのライセンスは信頼度が高いですが、中南米やフィリピン、カナダのライセンスの場合には、業者の良し悪しも合わせて吟味していかないといけません。

運営ライセンスの確認方法

具体的にどのようにライセンスを確認できるんでしょうか。

方法は、公式サイトの一番下にライセンス発行元のシールがあります。

そこをクリックすることで、そのブックメーカーのライセンス状況が確認できます。

画像にあるのは、bet365公式サイトの最下部に表記されているライセンスシールと、 そのライセンスの情報・運営企業情報になります。

悪質な業者になると、このライセンスシールをクリックできないようになっていることもあるので、業者の透明性を図るうえで大きな材料になるかと思います。

まとめ

ブックメーカーを楽しむために、まずはライセンスを確認することが重要です。
ライセンスの種類や開示方法で、その業者が健全な運営をされているかどうかがある程度わかります。

海外にある会社だからこそ、より一層の安心感をもって、ブックメーカーを楽しんでほしいものです。