ブックメーカーが投資に向いている6つの理由

「投資」というと、株式投資やFX、仮想通貨などを想像する人が多いと思います。
それと同時に「怪しい」「リスクが怖い」などのネガティブなイメージを想像する人もいるかもしれません。

投資の世界では、「ハイリスク・ハイリターン」や「ローリスク・ローリターン」と言われ、大きなリスクを負うことで大きなリターンを得ることができるし、リスクを押さえれば、得るリターンも少なくなると言われています。

しかしながら、「ローリスク・ハイリターン」はありえないのでしょうか?

それを可能にするのがブックメーカーによる投資だと思っています。

ここでは、ブックメーカーが「ローリスク・ハイリターン」を可能にする6つの理由を解説していきたいと思います。

ブックメーカー投資をするなら おすすめブックメーカー ウィリアムヒル

そもそも投資とは?

投資を簡単に説明すると、「お金でお金を増やそうとする行為」ということになります。

ということは、銀行にお金を預けておくことは投資になるのかというと、これはあくまで「貯蓄」であって、「投資」とは言わないですよね。

投資とは、将来の大きな資本を得るために、今、資本を使うことを指します。

投資には3つの大きな要素から成り立ちます。

  • 投下する資本
  • 将来得られる資本
  • それにかかる時間

この3つの要素がかかわりあって、良い投資、良くない投資などに分かれていきます。

一番良い投資は
「投下する資本」少なく
「将来得られる資本」多く
「それにかかる時間」短い

ということになるんでしょうが、世の中そんなに甘くない。

そんな投資案件など転がっているわけもなく。

そして、「投資」を語るうえでとても大事なことは、「将来得られる資本」というものが、不確定要素が多いということです。

もくろんでいた資本よりも少なくなってしまう場合もありますし、最悪の場合、マイナスになってしまうことも。

そういった不安要素も含め検討したうえで、投資をするかどうかを検討しないといけないのが「投資」です。

「投資」と「投機」の違い

では、「投資」と「投機」は何が違うのでしょうか?

「投機」は、投資で重要だった「時間」が極端に短いものを指します。

FXでのデイトレードなど極端に短い時間で売り買いをしたり、バイナリーオプションなどがそれに当たるかと思います。

「投資」というよりも、のるかそるかの「ギャンブル」に近い投資のことを「投機」と呼ぶことが多いです。

ブックメーカーで投資をするということ

では、ブックメーカーをやることで投資になるか?

結論から言うと、投資になりえます

それも、少ない資本で、大きな利益を短い時間で出すことができる投資方法だと思います。

その理由は以下の6つの理由からです。

  • 還元率が高い
  • 初期投資が少なくてスタートできる
  • 特別な知識は必要ない
  • 月利が高い
  • 24時間365日できる
  • すぐに現金化できる

しかしながら、注意しないといけない点があるのも事実です。

ブックメーカーでスポーツベットをしていると、単純に「楽しい」という気持ちになってしまいます。
この「楽しい」という気持ちが「投資」として運用していくにはとっても邪魔な感情になります。

どんな投資においても、数字に裏付けされた根拠に対して投資を行い、その結果、リターンを得るものになります。

株式投資にしても、会社の状況を様々な角度で分析し、今後利益を出すであろう結論に達した時に、投資をしますし、為替相場でも、チャートをしっかりと読み込み、この後、どのくらいの期間で、これだけ上がる(または下がる)という根拠に基づいて売買をすると思います。

そこに、「やってて楽しい」という感情は入りずらいと思いますが、ブックメーカーはどうしても「楽しく」なってしまいます。

ブックメーカーを投資としてみた時に、一番の敵は「やってて楽しい」という気持ちをどれだけ消せるかが重要になります。

そして、ブックメーカーで投資をするということは、

「少ない資本で、大きな利益を出す。それも少ない時間で」

であることの6つの理由を説明していきたいと思います。

理由1 還元率が高い

「還元率」という言葉を知っていますか?

「還元率」とは、いくらかけて、いくら戻ってくるかという割合のことを言います。

日本の公営ギャンブルの還元率は以下の通りです。

  • 宝くじ 約50%
  • 競輪・競馬 約70%
  • パチンコ 約85%

ではブックメーカーの還元率は?というと、95%~98%と言われています。

なぜ、ブックメーカーはこれほど高い還元率なのか。

その理由は、全てネットで完結し、土地や人件費などの経費があまりかからないことと、ネットであるがゆえに、顧客が全世界にいて、大きなお金が動いていることがあげられます。

宝くじや競輪・競馬などは、通常の経費に加え、国庫や地方自治体に納めなくてはいけない金額も必要です。

パチンコ・スロットなどは、店舗を構え、人を雇い、遊戯を買って営業しないといけないため、非常に多くの経費を必要とします。

他のギャンブル系と比較すると、格段に勝ちやすいのがブックメーカーです。

理由2 初期投資が少なくてスタートできる

ブックメーカーを始めようと思ったら、いったい、いくらくらいかかるのでしょうか?

答えは・・・0円です。

厳密にはブックメーカーで賭けをするための資金は必要ですが・・・
※ブックメーカーによっては、初回登録だけで資金をボーナスとして受け取れます。
以下の記事で詳しく解説しています。
≫ブックメーカーのアカウント作成前に必ず確認!/初回登録プロモーションにも色々あった!

  • アカウント登録費用・・・無料
  • システム利用料・・・無料

では、投資資金はいくら必要か?

ブックメーカーの賭けは、非常に低い金額でも賭けることが可能です。

1つの賭けに1ドル(約100円)でも参加ができ、非常にハードルが低くなっています。
※ブックメーカーによっては、100円よりも低い金額でベットすることも可能です。

ということは、投資資金もお小遣い程度で問題ありません。

理由3 特別な知識は必要ない

ブックメーカーをする上で、特別な知識は必要か?

答えは「必要ない」です。

賭けの対象が、普通のスポーツにかけるので、スポーツのルールを普通に知っていれば賭けることが可能です。

FXのようにチャートを見て、判断する知識も必要ありませんし、株式投資のように、各会社の財務諸表を理解しなくても始められます。

まったく勉強が必要で無いかといえば、そうでもなく、チームや選手のことを知っていれば、より勝率も高くなることもあるので、知っておくことは無意味ではありません。

ブックメーカー初心者としては、良く観ているスポーツから始めることで、勝率も高くなると思います。

日本のプロ野球が好きな人は、プロ野球から始めるのもおすすめですし、日本のJリーグが好きな人は、Jリーグから始めるのもいかと思います。

理由4 月利が高い

「月利」とは、ひと月に出る利益の割合です。

月利10%ならば、資金が110%になることになります。

ブックメーカーはこの利益が非常に高くなります。

ブックメーカーの場合は、勝つこともあれば、当然負けることもあります。

しかしながら、しっかりとオッズと勝率を考えることで、利益を出すことができます。

勝率が60%だったとしても、賭けている平均のオッズが1.80倍ならば、1ベット平均で1.08の利益が出ることになります。

逆に、勝率が90%だったとしても、賭けている平均オッズが1.09倍ならば、赤字になってしまいます。

ブックメーカーはしっかりとしたルールで運用することで、1ベット=8%の利益を取れるならば・・・
月間で100試合(ベット)をすることで、掛け金の800%の利益を出すことができます。
月間で200試合(ベット)をすることが出来れば、掛け金の1600%の利益を出すことができます。

もし掛け金が、資金の1/5程度で運用するとなると、
100試合(ベット)で、資金が260%に増えることになります。
200試合(ベット)で、資金が420%に増えることになります。

要は、1ベットあたりの平均利益が出ていれば、回数をこなすことで高い月利を手にすることができます。

理由5 24時間365日できる

ブックメーカーは世界各国のスポーツをオンラインでベットができます。

深夜でも早朝でもベットは可能ですし、オンラインなので、パソコンだけでなく、スマホでもベットが可能です。

毎日の通勤電車の中でもブックメーカーができますし、寝る前に少しブックメーカーをすることもできます。

いつでもどこでもできるのがブックメーカーです。

理由6 すぐに現金化できる

副収入を得ようとして始めるブックメーカーですが、一番重要といってもいいのは、入出金が手軽にできるかどうかも重要な問題です。

その点、ブックメーカーでは入金、出金ともに非常に手軽にできるのもおすすめの理由です。

入金には数秒~数分で完了しますし、
出金も数時間~2日程度で完了
します。

ブックメーカーによっては、上限金額や回数を設けている会社もありますが、おすすめしているブックメーカーは、そういった制限がないものや、制限が緩いものを紹介しています。

まとめ

○ブックメーカーは、6つの理由によって投資に向いている。

○ブックメーカーは「ローリスク・ハイリターン」が望める投資方法

ブックメーカー投資をするなら おすすめブックメーカー ウィリアムヒル