ブックメーカーの税金の知識を解説

ブックメーカーで儲けを出した時には税金を払わなくてはいけません。

税金のことを忘れていると、
ブックメーカーは違法ではありませんが、
脱税は法律違反になってしまい、
思わぬ大きな出費になってしまいます。

ちゃんと税金の知識をもって、脱税にならないようにブックメーカーを楽しんでください。

ブックメーカーで得た利益は一時所得

宝くじやtotoくじは非課税ですが、
これは特例です。

日本の所得税法では、競馬や競輪オートレースの払戻金など、
ギャンブルでの収入は一時所得となっており、課税の対象となります。

では「海外でのカジノで儲けた」場合はどういう扱いとなるかというと、
「全世界所得課税」といって、国内外問わず、課税対象になります。

とういことは、オンラインであろうと、
ブックメーカーで儲けた利益についても、一時所得として課税対象となります。

税金を払うための手続き(確定申告)

一時所得を申請して、税金を確定する手続きは、
1年に1回の「確定申告」を行います。

その年の1月1日~12月31日までの1年間で得た利益に対して、

申告の期間は、翌年2月16日~3月15日の間に行います。

確定申告に必要な書類

では、どのような書類を用意しないといけないのでしょうか。

必要になる書類は以下のものになります

  • 源泉徴収票(本業がある場合、会社より年始に渡されるものです。)
  • 支払調書(ブックメーカーから取り寄せても良いですが、自分で内訳の詳細をエクセルなどで作成するほうがいいと思います)
  • 経費に関する領収書

最近はオンラインの確定申告もできますので、
うまく活用すると、申請の手間も軽減できます。

税金の計算方法

日本の所得税法では、一時所得については、50万円の特別控除があります。

年間50万円を超えた分に対して税金が掛かるということで、
年間50万円の利益がなければ、確定申告の必要はありません。

例えば、元本50万円で、80万円になったら、30万円の利益で確定申告の必要はありません。

元本50万円で150万円になったら、100万円の利益で確定申告が必要になります。

確定申告が必要になった場合の、課税所得の計算方法は以下の式で求めます。

【利益】-【必要経費】-【50万円(特別控除)】=【一時所得の金額】

【一時所得の金額】×50%=【課税所得】

この【課税所得】に対して、所定の税率を掛けたものが税金額となります。

所定の税率は以下となります。

税金の計算方法についての注意点

税金の計算の基になる利益の計算方法について1点注意点があります。

それは、賭けに負けた分のお金は必要経費に含まないと言うことです。

例)
1日目 30万円勝ち
2日目 10万円負け
3日目 10万円勝ち

だった場合、3日間の合計は30万円の利益ということになりますが、
税法上では、2日目の負けは計算しません。
よって、40万円の利益を計上しないといけません。

ただし、この部分については、1年でトータルして算出するのか、
1か月ごとの算出か、1日ごとか、または賭け対象ごとの算出かについては、
専門家で意見が分かれています。

ですので、確定申告をする際には、きちんと税務署または税理士さんに相談して、 正しい納税を行うようにしてください。

確定申告をしないとばれてしまうのか

少額であればばれる可能性は低いということと、
特別控除があるので、申告しなくてもいいですが、
しっかりと申告をしないと、追徴課税を問答無用にとられてしまいます。

競馬やパチンコ、パチスロと違って、ブックメーカーの場合は、
お金の流れが明確に見えてしまいます。

また、100万以上の海外送金があった場合、銀行は税務署へ報告をしないといけない義務があるため、
大きなお金を動かすと、必ず税務署は把握します。

後で追徴課税を払うくらいなら、
しっかりと確定申告をして、気持ちよく儲けたお金を使ったほうがいいと思います。

まとめ

ブックメーカーを楽しむためには、税金の知識も必要。

1年に1回の確定申告を忘れずに行うようにしなくてはいけない。

確定申告の際には自分で判断させず、税務署や税理士に相談をするなどして、
正しく申告することが必要。