【2020年MLB】ワールドシリーズの勝敗予想/結果報告

コロナ渦において、イレギュラーなシーズンも佳境を迎え、現地時間2020年10月20日(日本時間10月21日朝9:00)よりワールドシリーズが開幕します。

ここでは、個人的な予想を踏まえ、ブックメーカーではどのようなオッズがついているのかなどを比較していきたいと思います。

MLBワールドシリーズとは

アメリカメジャーリーグの頂点を決める戦いで、全7戦して先に4勝をしたほうがナンバーワンになります。

MLBは、アメリカンリーグとナショナルリーグに分かれており、それぞれのリーグの優勝チームがワールドシリーズを戦うことになります。

2020年MLBワールドシリーズ進出チーム

2020年はコロナ渦で特別な処置をされて行われたシーズンになります。

レギュラーシーズンは、60試合に短縮され、プレーオフも特別ルールで行われましたが、ワールドシリーズに進出したチームは、それぞれのリーグの一番良い勝率で第1シードを獲得したチーム同士の争いになります。

アメリカンリーグは、去年までDNAベイスターズの4番打者だった筒香選手が所属する「タンパベイ・レイズ」
ナショナルリーグは「ロサンゼルス・ドジャース」がプレーオフを勝ち抜き、ワールドシリーズ進出を決めました。

両チームともに、レギュラーシーズンを高勝率で勝ちあがりましたが、リーグ優勝決定シリーズは両チームとも苦戦しながら勝ちあがって来ました。

2020年MLBワールドシリーズ優勝予想

今年のレイズは、6回までにリードをしていると、1敗しかしたことがなく、7回終了時にリードしていた場合は勝率は驚異の100%で、1敗もしたことがありません。

それだけ、リリーフ投手が安定していることになります。

打撃は水物で、短期決戦において打撃の好調さよりも、ピッチャーの出来によって勝敗が左右されることが多いので、どれだけ投手陣がしっかりしているかが重要になると思います。

逆にドジャースは、先発陣は有名選手が名前を連ねますが、後ろに行けば行くほど信頼を置けるピッチャーが少なくなっていきます。
特に抑えに回っているジャンセン投手の不調が少し気になっています。

ということで、2020年MLBワールドシリーズ優勝チームは、1988年から32年ぶりのワールドシリーズ制覇になる「タンパベイ・レイズ」を推したいと思います。

2020年MLBワールドシリーズ優勝チームの各ブックメーカーオッズ

私の予想は「タンパベイ・レイズ」ですが、各ブックメーカーでは、どのようなオッズがついているのでしょうか。

各ブックメーカーのオッズを比較したいと思います。

2020年10月19日現在のオッズ表記

総じて、ドジャース有利とみたオッズをつけています。
ドジャースに賭ける場合は、「ピナクル」が一番良いオッズを付けており、レイズに賭ける場合は、「チェリーカジノ」「10ベットジャパン」「カジ旅」の3社が良いオッズになっています。

私は、10ベットジャパンからレイズへベットしていきたいと思います。

>>「ドジャース」に賭けるならPINNACLE(ピナクル)がおすすめ<<

>>「レイズ」に賭けるなら10betJapan(10ベットジャパン)がおすすめ<<

2020年MLBワールドシリーズ結果

【第1戦】2020年10月20日 ドジャース勝利

ワールドシリーズ開幕戦は、両チームともにレギュラーシーズン開幕戦の先発投手の登板となりました。

ドジャースのカーショーは、初回こそピンチがありましたが、2回以降は危なげなく快投。
対して、レイズ先発のグラスナウは制球が定まらず、毎回のようにピンチ。

迎えた4回裏のドジャース攻撃。フォアボールのランナーを1塁において、リーグ優勝を決めるホームランを打ったベリンジャーが、2ランホームランでドジャースが先制

5回表にレイズのキアマイヤーがソロホームランを放ち、1点差に追いつくも、5回裏も続投したグラスナウが2者連続のフォアボール。
そのまま機動力を駆使して先発のグラスナウから3点を奪う。

ピッチャーがグラスナウからヤーブローへ代わるも1点を追加され、ほぼ勝負あり。

その後、両チーム2点づつを取り合いましたが、結果は8対3でドジャースがまずは1勝

【第2戦】2020年10月21日 レイズ勝利

ドジャースはブルペンデイで、先発はゴンソリン。対するレイズはエースのスネルが先発。

昨日負けているレイズは1回、プレーオフで不調だったロウの先制ホームランが飛び出し1点を先制

スネルは5回途中まで、制球に苦しみながらもノーヒットピッチング。

5回にロウの今日2本目となる2ランホームランが飛び出し5-0とリード。

しかしながら、ドジャースもホームラン3本を打ち4点を返すのやっと。

レイズの6回終了時点でリードしている場面での高い勝率は維持され、ワールドシリーズの1勝をもぎ取り、1勝1敗のタイに持ち込んだ。

【第3戦】2020年10月23日 ドジャース勝利

今日はドジャースがビューラー、レイズがモートンの先発。

初回にドジャースのターナーがソロホームランを放ちドジャースが先制し、3回、4回にも2点ずつ追加点を挙げ、前半である程度の勝敗が決してしまった。

レイズは先日の勝ち試合と同じオーダーで臨むも、打線は振るわなかったが、ワールドシリーズに入って調子の出ていなかったアロザリナに待望のホームランが飛び出し、試合には負けてしまったが、明日からの試合に期待が持てる結果を残してくれた。

8回に代打で筒香選手が打席に入るも、詰まったあたりでセカンドゴロで結果を残せず、残り試合での出場も少し厳しくなってしまった。

【第4戦】2020年10月24日 レイズ勝利

これぞまさしくメジャーリーグ最高峰の戦いと呼ぶにふさわしい好ゲーム。

初回からドジャースペースで試合は進みますが、6回にレイズの値千金の逆転3ランホームラン。

その後、再度ドジャースが逆転するも、9回裏2アウトから逆転サヨナラ勝ち。

この試合を落とすとドジャースが優勝に王手をかけるところ、レイズが最後の最後で踏ん張りました。

レイズはこの試合、野手、投手ともにすべての選手をつぎ込んでの勝利となりました。

明日の試合に勝ったほうがワールドシリーズ制覇に向けて王手をかけることになります。

勢いはレイズ。そのままレイズが優勝してブックメーカーの勝利金も手にしたいと思います。

【第5戦】2020年10月25日 ドジャース勝利

昨日の試合とは打って変わって、投手陣が頑張り、引き締まった良い試合に。

第1戦と同じ先発で挑んだ両チームですが、明暗がはっきりと分かれ、ドジャース先発カーショーは6回2失点のしっかりとした結果を残しましたが、ドジャースのグラスナウは第1戦同様ピリッとしない立ち上がりで、1回、2回で3点を奪われ、昨日の勢いを消してしまった。

また、レイズ攻撃陣も3-2でノーアウト3塁のチャンスで、最終的に無得点に終わり、その後のドジャースの攻撃でソロホームランを浴びてそのまま試合終了。

今日の敗戦で後がなくなったレイズは、明日は1日休養日になるので、しっかりとリフレッシュして、あさってからの5戦、6戦にのぞんでほしいものです。

【第6戦】2020年10月27日 ドジャース勝利

ドジャースがワールドシリーズ制覇を成し遂げました。実に32年ぶりのワールドシリーズ制覇になります。
これにより、私の予想したレイズ優勝はなくなり、賭けに負けてしまいました。

今日の勝敗は、序盤のレイズの攻撃でチャンスは多くあったにも関わらず、ソロホームランの1点で攻撃が終わってしまったことと、両チームの継投の差が出てしまった試合になりました。

レイズ先発のスネルは5回まで快投を続け、許したヒットは1本。
6回に入り、先頭打者にヒットを打たれたところで降板することになりましたが、この交代は「?」が出てしまいました。

案の定、出てきたピッチャーは打たれ、バッテリーエラーなどで2点を取られ逆転されてしまいました。

少し後悔が残りそうな試合になってしまいましたが、非常に盛り上がるワールドシリーズになったのではと思っています。

賭けには負けてしまいましたが、非常に楽しくワールドシリーズを楽しむ事ができました。